アトリ科

アトリ

全長約16cm。冬鳥としてほぼ全国にやって来る。時に大群となる。平地〜山地の林や草地に生息し、主に樹木や草の種子を食べる。冬に狭山丘陵にまれに渡来し、北山公園や八国山にもやって来ることがある。

アトリ♀ 

北川:メス(2017.1.6)

アトリ♂

狭山公園:オス(2016.12.31)

カワラヒワ

全長約14cm。ほぼ全国に一年中生息している。低山や低地の林、草地、公園などにいて植物の種子を食べ、特にヒマワリの種子を好む。東村山でも一年中雑木林、公園や河原などで見かけ、北山公園でも普通に見ることができる。

 

北川(2008.2.17)

マヒワ

全長約13cm。北海道で少数が繁殖するが、主に冬鳥として全国の山林に渡来し、平地林にも来ることがある。冬季は群れで生活し、カバノキ科やハンノキ科の種子を好む。東村山では冬季ごくまれに八国山に来ることがある

 

八国山:オス(2010.12.25)

 

 

八国山:メス(2011.1.16) 

ウソ

全長約17cm。本州中部以北の山地の針葉樹林等で繁殖するが、冬は暖地に移動する。主に樹林に生息し、虫や木の実・芽を食べる。オスはほおがピンク色。東村山ではごくまれに八国山で見られる。東京都レッドリスト:準絶滅危惧。

 

八国山(2012.12.31)

 

八国山:亜種アカウソ(2013.1.3)

シメ

全長約18cm。北海道で繁殖するが、本州以南には冬鳥として渡来する。木の実を食べ、地上に落ちたものを食べることもある。東村山では冬に雑木林や公園で見られ、北山公園や八国山でも普通に見られる。

 

八国山(2008.12.28) 

イカル

全長約23cm。九州・本州・北海道の山林で繁殖し、冬は本州以南に移動する。虫も食べるが主に木の実を食べ、地上に落ちたものを食べることもある。東村山では狭山公園の雑木林などで見ることがあり、まれに八国山にもやって来る。東京都レッドリスト:準絶滅危惧。

 

八国山(2011.2.19)

inserted by FC2 system